お役立ち★スタジオレンタル情報ガイド

ホーム > スタジオレンタルについて > スタジオレンタルは使用用途によって選び分けよう

スタジオレンタルは使用用途によって選び分けよう

イベントやパーティーなどで大勢の人が集まる場合、スタジオレンタルを利用すると準備がしやすくて便利です。
レンタルできるスタジオの種類も増えてきており、記念となるパーティーを開催するのにふさわしい大人数を収容できるスタジオは、さまざまなレッスンにも活用できるよう、ハイクオリティーな音楽設備を整えていることが珍しくありません。
ただ、スタジオによってはフロアを傷つける恐れのあるタップシューズやフラメンコシューズはもちろん、かかとの高いヒールやピンヒールと呼ばれる女性用パンプスは穴があく恐れがあるため、履くことが出来ない場合がありますので、前もって確認しておくようにします。
とはいえ、華やかなパーティーを開催するとなると、女性の多くがヒールの高い靴を履いてくる可能性がありますので、そこは床に傷をつけないようにカーペットを敷くなどといった措置が、借りた側に求められます。


最大収容人数が150名といった大規模なレンタルスタジオがある一方で、15人から20人程度が集まれる小さめのスタジオを借りることもできます。
鏡があったり、音響設備が整っていたりといったことから、カルチャー目的のスタジオ利用にはうってつけです。
床を傷める靴はご法度ですが、昨今話題のストレッチ体操やヨガ教室なら、たいていは裸足か靴下履きで行いますので、床を傷める心配がなく、適度な人数でレッスンが可能です。
スタジオ内には鏡がありますし、音楽も流せることから、音楽に乗って行うエクササイズや、音楽を必要としないヨガなどでは、音量を絞ってBGMとして使うと雰囲気がよくなります。
また、健康寿命を延ばすための健康体操がお年寄りを中心に人気ですが、こうした体操などを実施するには、20人程度が入れる規模のスタジオがうってつけです。


ヒールを履いて入れるのはもちろん、タップシューズやフラメンコシューズを履いて入れるスタジオは、ダンスレッスンに最適です。
踊ることを目的に作られた床のスタジオですので、当然のことながら音響設備もしっかりしています。
ある程度の人数が集まって練習するにしろ、貸し切って練習するにしても広い方が快適で、存分に踊ることが出来ます。
タップシューズではタップを踏んだ時にきれいな音が出ることが求められますし、フラメンコではある程度広い範囲を移動しながら踊ることになりますので、床がきれいに鳴ることや、広い場所があり、ダンスを中断することなく動ける空間が必要です。
踊ることを前提にして作られたスタジオなら、レンタルすることでよりしっかりとした練習ができます。
試合会場として使うにも便利でしょう。

先頭に戻る