子供の頃は嫌だったハッピ。

だいぶ暖かくなってきたので先日、衣替えをしました。実家暮らしで家族の人数が多い為、季節物の衣類は一部屋を使って家族全員分の衣類を収納している部屋があります。そこへ行くとちょうど母も自分の物を物色中でした。そこには、祖母、父、母、私、妹、弟それぞれの収納スペースがありますが、それとは別にずいぶん長い事開けていないタンスがありました。家の事はなんでも把握している母ですら、中身がなんだったか忘れたそうです。ワクワクしながら開けてみると、私達兄弟が子供の頃に使っていた衣類が入っていました。浴衣や水着など、孫が出来たらと取っておいたようです。中でも懐かしかったのがハッピです。綺麗な青色の生地の背中に大きく赤字で祭と入っています。小学生の低学年のころ、地域の集まりで年に一度、嫌々着たのを覚えています。数回しか着ていないのでこのハッピだけは新品同様でした。自宅にハッピがある家庭は少ないかもしれませんね。子供の頃は恥ずかしかったけれど、大人になった今見ると、なぜかとても嬉しく妙にテンションが上がってしまいました。

お店のイベント用にハッピ

お店では定期的にイベントを行うことで集客を伸ばしたり新規のお客さんの宣伝になり、イベントをするときにはチラシやビラを配ったり販促用のノベルティを渡したりします。そこでイベントを盛り上げるためには働くスタッフが着る制服もいつもと同じでは目立たないので、イベント用にハッピを作ることがおすすめになるといえます。インターネットには色々な制作会社のサイトがありますが、ユニフォームを制作する会社ではハッピもオリジナルなものを作ってくれます。できている無地のものにお店の名前やロゴマークなどをプリントするものもあれば、生地やデザインからすべてをオーダーするものまで色々プランを選ぶ事ができます。お店のイメージどおりに仕上げてくれますので、おしゃれなハッピや可愛いものなどお祭的なイベントを盛り上げる事ができます。

お店でハッピを試着できる

お祭やイベントのときなどに着るハッピですが普通のお店ではなかなか販売していないので、インターネットの通販サイトで探す人も多いでしょう。しかしインターネット通販の場合、できたものを見たり試着をすることができないまま注文をしなくてはなりません。そこでお店で実物を見たり試着する事ができるハッピの業者もあるので、お店で生地やデザインを見て注文や打ち合わせができ試着もして着心地を確かめることができます。実物を見ないとどうしても不安があるという人にピッタリな業者であり、最後の代金の支払いや商品もお店ですることができるので安心して取引もすることができます。インターネットのサイトからは事前に来店の予約をしておくこともできますし、予約なしで来店をしたりハッピだけを見るためでの来店もすることができるので助かります。