ハッピを着て展示会に参加したいです

展示会に参加することになりましたが、なにか目立つものを着て参加することになりました。ハッピがよいのではないかということで、お揃いで着ることになりました。目立つし、よいのではないかなと感じます。会社のアピールにもなります。派手だけれど、下品ではないし、お祭り騒ぎでよいかもしれません。早速チェックしてみるとお値段も手頃でよいものを見つけることができほっとしました。早速注文を入れましたが、みんな楽しみにしているようで嬉しくなりました。皆で着て楽しい展示会になるといいなと想像しています。きっと良い商談が舞い込むのではないかなとどきどきしています。かなり楽しみです。頑張って準備をして良い展示会になるように工夫したいです。お揃いで着ると絶対に目立つはずです。早く当日になるといいなと想像しています。楽しみでたまりません。

ハッピはレンタルがおすすめ

祭りの気分を盛り上げてくれるハッピは当日欠かせないアイテムですが、購入すると一枚につき3000円ほどかかるので、人数分揃える必要がある場合はかなりの金額になってしまいます。一年のうちに数回しか使わない衣装なので、所有するとなると自宅の収納スペースを圧迫しますし、保管期間が長いと紛失や虫食いなどのトラブルが起きる可能性があります。ハッピを使用する頻度がそれほど多くないなら、購入するよりレンタルした方が良いでしょう。レンタルなら一枚1000円程度で借りることができますし、保管時の虫食いや紛失を心配する必要がありません。インターネット上にはハッピなどのイベント用品を貸し出す業者が複数存在します。規模の大きいサイトは祭りで必要な道具を幅広く扱っているので、必要なら衣装以外のアイテムもレンタルしてみると良いでしょう。

ハッピの由来と現代の在り方

ハッピの由来は、江戸時代後期に武家社会を中心に奉公人のユニフォームとして羽織が法被(はっぴ)に変化していきました。法被は半纏(はんてん)よりも袖が広く、かつ長く出来ていて格式が高いものでした。江戸時代から昭和まで着用されて来ましたが、次第に姿を消していきました。法被が復活したのは昭和40年代になってからで、実用性ではなく、イベント用として用いられたのがきっかけだったそうです。最近では、企業の宣伝活動やイベントの演出に使用するそうです。テレビのCMや家電店など身近なところでもよく見かけます。そして法と言えば「お祭り」ですね。各地域のお祭りで見れるオリジナルの法被はどれも素敵ですね。神輿を担いだり、演出をしたりなどお祭りを盛り上げる為に欠かせません。そんな法被は一般家庭でも気軽に購入する事が出来ます。法被を販売しているお店に買いに行くのはもちろんですが、インターネットでも注文出来ます。気軽に試せる「レンタル専門店」や、生地からデザインまで自由に選べる「フルオーダー」が出来るお店もあります。家族や友達、恋人と法被を着て、今年のお祭りはいつもより盛り上がりましょう。